[戻る]
新着表示

バーゴウィナーの今(五島列島) 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/27(Thu) 09:14:39 No.161

上五島ナビさんが写真3枚を追加しました。

奈良尾港に寄港しているvirgo winner(バーゴ・ウィナー)号。和歌山から花田さん親子と花田さんのご友人を合わせて4人が乗り組んで航海してきたそうです。
船内は予想以上に広く、きれいに片付けられており、とても過ごしやすそうな空間でした。
花田さん達は明日、長崎経由で天草に向けて出航する予定とのことです。

Y&Y 投稿者:フラッパー田中 投稿日:2014/11/24(Mon) 13:49:15 No.160

沼島から帰りのY&Yさんを迎えに^_^

バーゴウィナーの今 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/24(Mon) 11:38:52 No.159

海からの便り P
今日は五島列島に初上陸!
列島最北端の宇久島のフィッシャリーナの桟橋に停泊しています。
五島列島は私の友達の故郷なので連絡したら、丁度今、池袋でアイランダ―という島のイベントを手伝っていて、たまたま宇久島の方もそこにいらっしゃり、早速、宇久島の観光協会に連絡をしてくれていたので、島に着いたら観光協会の方が待っていてくださり、食事やらお風呂の手配などをしてくださっていたのです。
感謝です〜☆☆
数時間しか余裕ががなかったのですが、ちょうど島を回る循環バスに乗れ、島と海の景色を堪能することができました ^^
宇久島は緑が多くて田んぼも広がり、とても自然が豊かです。
岩盤が何層にも重なっていて、その隙間からお花が咲いていたり、独特の風景でした。
浜辺が美しいから、きっと夏にはたくさんの人たちで賑わうのでは・・・。
もっと時間があったら、樹齢400年の大ソテツや、アコウの巨樹が見れるらしいのに〜〜ゆっくり見たかった です TT)
明日の午後から天気がくずれ、波風も強くなるとの予想なので、早朝に移動する予定です。
来週前半はしばらく天候が安定しないらしく、これからどんな展開になるのかわかりません。
皆で気を引き締めてすすみま〜す!
写真は逆光で見辛いですが、佐世保に展示されている(浜の宮マリンサービスも製作に加わった)御朱印船と、五島列島最北端の宇久島の岩場です。

バーゴウィナーの今 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/24(Mon) 11:31:08 No.158

海からの便り O
今日は九十九島の小さな島々を抜けて、
座礁しないかハラハラしつつ・・・佐世保を目指しました。
佐世保の、西海パールシーリゾートで遊覧船に使われている船の帆や縄梯子などは、うちの浜の宮マリンサービスで制作したものです。
さあ、今夜はパールシーリゾートでお食事です。
写真は九十九の島々と、夜の海に写って幻想的な遊覧船の灯り。

バーゴウィナーの今 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/22(Sat) 14:43:14 No.157

海からの便り N
今日は平戸でまる一日自由行動の日 ☆
Dadと西川さんは、一緒に高倉健のロケ地に行ったり、
(平戸は高倉健さんの遺作になった『あなたへ』のロケ地)
隣の島までレンタサイクルして行こうとしたら、
バッテリー切れで大変な目に遭ったとか。
同じく平川さんも世界遺産候補の田平教会を見に、やはりレンタサイクルで行ったら、こちらもバッテリーが切れそうでヒヤヒヤものだったとか・・・
みんな貸自転車の行動範囲を超えた距離を行こうとしたらしく、バッテリーが足りなくなったらしい ^^;)  おそるべし70代ブラザーズ !!!
私は、溜まった洗濯と掃除を済ませてから、
歩いて街中の老舗の喫茶店『御家紋(おげもん)』へ行ったのですが、
席を選んで座ったら、お店のママさんが、
そこは、高倉健さんが映画の撮影の合間に来られた時に座った席ですと教えてくれて、健さんが飲んだというカップでコーヒーを出してくれたんです☆☆☆
この地方の三川焼きで、珍しいものみたい。
築400年という古い建物で、亡くなったご主人の後を継いで、奥さんが一人で開いている素敵な喫茶店でした。
店名の「おげもん」は、平戸の言葉で「変わり者」という意味だそうで、関東のほうだと「歌舞伎もん」みたいな・・・?
名前も雰囲気も、私にぴったりのカフェでした ♪
明日は佐世保に移動の予定ですが、早朝の流れがキツイみたいなので、時間調整して出発です ☆
写真は、久しぶりにゆっくりと洗濯。
ヨットは物干し竿に変身

バーゴウィナーの今 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/21(Fri) 19:55:24 No.156

海からの便り M
平戸に到着!
冬は厳しいと聞いていた玄界灘ですが、
風がほとんど無くもの凄ーく静か。
さざ波に光がキラキラ反射したり、
時には硝子の表面のようにつるりとしたり、
風の細かな動きを海が表現してくれているようで、
いつまでも見飽きない光景でした ^^
平戸に近付くと潮の流れがあって、
ちょうど潮と一緒に進む連れ潮の時間だったようで、
時々渦を巻いているところもありましたが、スムーズに進み、
大きな船に後ろから抜かされつつ、
その船の起こした波でかなり揺らされたりしながらも、
平戸の港に入りました ^^
父の知り合いが勧めてくれた浮桟橋に停めることができ、ラッキー!
(いつもは、まず仮に停めてから周りの人に状況を聞いて、また別の所に停めなおすなどという手順が多いので・・・)
しかも、そこは素晴らしいロケーションで、
平戸城とフランシスコザビエル記念教会が見える屋根つきの桟橋でした ☆
ここ平戸の街は、ポルトガル、オランダなどから布教や貿易のために船がやってきて、多様な文化が交わった様子や面影が、建物や資料館、街並みや食べ物からも
偲ばれるところです。
今週いっぱいは、お天気が持ちそうかな〜?
写真は穏やかな玄海灘と、お寺と教会が見える街並み

バーゴウィナーの今 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/20(Thu) 17:26:03 No.155

海からの便り K

今朝の天気予報では、風と波がやや強めだったので出航するかどうか迷っていたのですが、とりあえず様子見で走ってみて、荒れていたら引き返そうという船長のいつもの作戦で8:30に出航することになり、
風の方向がいい呼子を目的地にしました。

沖に出てみると、思っていたほど波も高くなく、白波も立っていなかったので、
このまま進むことにしました ^^

今まではほとんど目的地に対して向い風だったので、
エンジンを使わなければ進まなかったのですが、なんと!
今日は岬をまわったら、風がちょうど斜め45度の位置から吹いていて、
少し風が強めだったので、帆(メインセール)を小さめに(2ポイント)揚げて、ジブセールも揚げて、
5時間ほぼ帆走のみで、目的地の呼子に着きました ^^

帆だけで、7ノット(約12km/h )の速さで走ることができました ^^
(車から見たら、なんて遅い!!! と思うかもですが・・・^^;)

呼子は、イカ漁や大綱引きの行事、江戸時代から続いている朝市など、
とても活気のある町です ☆
明日の朝は、この朝市に行ってみます ^^

次の寄港地は壱岐の島になりそう!
楽しみ〜 ♪

写真は、「70代スーパートリオ」皆元気です!

バーゴウィナーの今 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/20(Thu) 17:19:42 No.154

海からの便り L
呼子の島はとにかく、「烏賊」!!!
昨夜はイカゲソの踊り食い、今朝は朝市でゲットしたイカ焼売やイカ饅頭を食べた後、壱岐の島に船出しました。
今朝は向かい風でしたが、あまり強く吹いてなかったので、
メインセールとジブセールを揚げ、エンジンも使いながら走りました。
3時間半で壱岐の島に到着。
海から見たこの島は、特に高い山もなく平な印象を受けました。
(後で聞いたのですが、この広い平地があったから、弥生時代からこの島で、
豊かな農業が営まれ、立派な住居も構えられたのだとか・・・)
着岸する時に、桟橋からロープでヨットを引っ張っていた私は、
その力に負けて海に落ちそうになりましたが、ジャンプして船の先端にしがみつき、必死によじ登って助かりました ^^;)
あるはずのない腕力が、こんな時には現れてくれるのですね ☆
島の人によると、これまで曇り空が続いていたのに、
今日はびっくりするくらいお天気がいいそうで、
なんだかラッキー ☀
壱岐の島は予想以上にインパクトのある島でした。
弥生時代から、韓国などからの渡来人がやってきて物々交換などをしていた国際交流の島だったとか。
古墳など遺跡がたくさんあり、まだまだほんの一割程度しか発掘されていないそうですし、その後の時代には、神社も1000社ほどあったのが統合され、それでも今は300社はあるそうです。
神道発祥の神社といわれる月読神社の元社があったり、
麦焼酎発祥の地でもあるとか、
とにかく昔からの文化が色濃く存在しているのだなあ・・・と、感じさせてくれる島です。
でも、こんな魅力的な島なのに、島民はどんどん減っているというのが現状だそう。多い時には6万人いた人口が今では2万7千人になってしまったと、島の人は嘆いていました。
さて、明日は平戸に向かいます。

バーゴウィナーの今 投稿者:ハーモニー高田 投稿日:2014/11/20(Thu) 17:18:09 No.153

海からの便り J
昨夜はヨットを、大島のフェリー発着場のそばの岸壁に横付けで停めたのですが、夜遅くに風が強くなり、防波堤の内側にも波が入り込んできたために、
ヨットが岸壁にドンドンと音を立てて打ち付けられだしました。
急遽、場所を移動することになり,
強力なサーチライトを点けて真っ暗な中、エンジンでゆっくりと港内を移動。
私は堤防の上から、水深が見えない中での座礁の危険を避けるために、
ハラハラしながら懐中電灯で誘導しました〜@@;)
なんとか、波の影響が少なそうな反対側の岸壁に横付けした、と、
安心する間もなく、今度は船が波に揺られる度に、下からドン!と、響く音が・・・@@)
どうやら、水深が浅いために、キールが海底に当たっているみたい。
なので、またもや急いで、船を少し深そうなところまで移動させ・・・・・
やっと完了!
ようやく皆、安心して眠りに就くことができました ^^;)
数日は風と波が強そうなので、
今日は大島を急いで離れ安全な博多港を目指しました。
雨が降り、波やうねりも多少ありましたが、風向きがちょうど良くて、
セールも揚げながら5時間かけて博多港に着きまし*^^*)
ここは、マリノアという規模が大きく立派なマリーナで、
福岡最大のアウトレットモールや、レストラン街なども併設されているので、
ちょっと、夜には街に出てみるつもりです〜♪
明日はまた、風と波の予報を確認してから航路を決めます。
私は、壱岐島に行ってみたいけど・・・どうなるかな〜?
写真は、宗像大社にある天の川。
七夕伝説発祥の地でもあるとか・・・☆

Re: 2014ファイナルレース 投稿者:Bella Notte 藤永 投稿日:2014/11/17(Mon) 11:52:27 No.152

辻本さん、見事な間に1艇…
1レース目、気持ち的には1時間程度のレースをしたような気でいましたが、フィニッシュ時間のリストでは、トップ艇フィニッシュは40分ほどでフィニッシュでしたので、だんりゅうと2分ちょっと、ルチェーレと3〜4分は開いていないと思っていたのですが。
2レース目は最終若干アウターエンドが有利かなという感じでしたが、スタート45秒前くらいに一気に左にシフトしたので、その時点で半分おちゃらけで右へ伸ばしたのですが、あの瞬間は右海面の方が風にパワーがありました。が直ぐになくなりましたけど。
下りは、マーク回航後即ジャイブである程度開いていた間は詰められましたが(一瞬抜けるかと思ってました)、やはりあの風向だと南側海面の風は安定しませんね。
ベラノッテは来年を見越して、今年は目指せ4位以下でTCFを下げようという策略でしたが、結果今年通算+2%。
まだ、しばらく上位はお預けです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 |

- WebForum -